room.85

date :
tags :
Men's Formal

ビジネスマンに捧げる、はずさない冬コート

この時期欠かせないビジネススタイルのコートは、毎日着るからこそ自分らしさや遊び心も取り入れたい。定番なものからスタイリスト推薦のものまで、まだ間に合う冬のコートを3点ご紹介します。

王道を好む堅実なあなたに、定番ステンカラー

ビジネスマンであれば必ず一着は持っていると言ってもいいほど、フォーマルシーンにも着ていける万能なコートのステンカラー。襟の前側が低く外側に反り返った形をしており、ボタンを開けても留めても襟を立てたまま着用できるため防寒性に優れています。

 

 

撥水加工されたポリエステル素材を選べば雨や雪の日も比較的安心で汚れにくく、春先まで長く使える軽やかな着心地も嬉しいポイント。職業柄シンプルな王道をおさえたい方やデザインより機能性重視な堅実タイプにおすすめです。

モテるいまどきビジネスマンの新定番・チェスターコート

商社マンや外資系など、仕事もプライベートも手を抜かないモテるビジネスマンが今こぞって選ぶのはチェスターコート。膝まであるロング丈にノッチドラペルの襟、そして表から留めたボタンが見えないように比翼仕立てになっているのが特徴です。ネイビーやグレーなら年代問わず着こなせて、今季トレンドのグレンブレイド柄なら休日のカジュアルスタイルとも好相性。

 

 

週末の夜を賑わせる素敵な男性たちのコート、やはりチェスター率は高めです♪

人と差をつけたいファッショニスタにおすすめ・アルスターコート

ステンカラーやチェスターと比べるとお店で見かける回数こそ少ないものの、見つけたら是非一度羽織ってみて欲しい、メンズスタイリスト今一番のおすすめがアルスターコート。

 

https://www.instagram.com/p/Bd4fPEuAdXp/?tagged=ulstercoat

 

上襟が下襟とほぼ同じ大きさ、足首まで伸びるロング丈、そして合わせがダブルボタンのクラシックな形が特徴でトレンチコートの原型といわれています。

 

最近ではより動きやすく丈の短めのものも増えています。定番に飽きたファッション好きな方は、2着目のコートとして是非トライしてください。

 

ほんもの志向な紳士へ・高品質なオーダーメイドを

一生付き合っていくビジネスコートだからこそ、毎年のトレンドに左右されず「ほんもの」を身に纏う大人には特別な色気と余裕が宿るもの。質にこだわるあなたに選んで欲しいのは、素材にこだわったオーダーメイドです。

 

 

スーツと同じで、自分の体型にフィットしたコートは仕事ができる印象を与えます。近年の傾向に合わせて少しゆるめのシルエットで仕立てることも可能ですよ。

 

上質なコートは背筋も自然と伸びて、自信をもたらしてくれるはず。

 

DRAPERS(ドラッパーズ)

http://www.drapersitaly.it/en

 

(取り扱い店舗として)

Knox & Taylor(ノックスアンドテーラー)

Address. 107-0062 東京都港区南青山5-1-3 TS青山ビル3階

Tel. 03-6805-1739

Open  10:00-19:00

定休日:火曜日(祝日を除く)

 

 

(監修)

西間木 隼矢

「非日常のエレガンスを纏う」をコンセプトにしたメンズドレスサロン「Knox & Taylor(ノックスアンドテーラー)」東京・南青山サロンマネージャー兼フィッター。雑誌「MENS CLUB」の元編集長・戸賀敬城氏やサッカー日本代表・長友佑都選手などをはじめとするファッショニスタや有名人のタキシード、スーツも数多く手がける。

 

Share
シェア
ツイート
+1

Page Top