room.79

date :
tags :
Dress

知っておきたい、神前式と仏前式

神社やお寺で結婚式を挙げる「和婚」もウェディングの選択肢のひとつ。

日本の伝統的な挙式では、チャペルやリゾート婚ではまず出せない和を重んじる時間と空間が流れます。洋装か和装か、迷ってる方はまず知っておきたい神前式と仏前式について。和の魅力に迫ります。

結婚式の考え方が違う神と仏

神前式と仏前式では、まず結婚式に対する考え方に違いがあります。

神前式では結婚は家と家の結びつきと考え、神様に結婚を報告し、夫婦の変わらない心を誓い神に加護を願います。家同士の結びつきという考えから本来は親族の参列しか認められていませんでしたが、近年では親しいゲストも参列可能になっています。

 

仏前式は、仏様と先祖に結婚に至った報告とめぐり逢えたご縁への感謝の気持ちを伝え、誓いを立てるスタイルです。「二人の結婚は生まれる以前から因縁付けられていた」という仏教の考えのもと行われ、一生の苦楽はもちろん来世までともにすることを誓います。

雅楽の音色の中で行う厳かな神前式

和装の結婚式で最も人気があるのはこの神前式です。

雅楽の厳かな音色が響く中行われる、3つの盃で新郎新婦が交互にお神酒を酌み交わす三三九度ともいわれる「三献(さんこん)の儀」や、神前に玉串をささげ二礼二拍手一礼をする「玉串奉奠(ほうてん)」などの儀式が特徴的です。

巫女に先導されて新郎新婦と参列者が一列になって神殿へと向かう、花嫁行列とも言われる「参進の儀」も神前式ならでは。

神社だけではなく、結婚式場やホテルで神前式が可能なところもあります。

ご先祖に誓う落ち着いた仏前式

仏前式の式次第は宗派によって様々ですが、僧侶から白い房の数珠を新郎へ、赤い房の数珠を新婦へ渡す念珠授与、僧侶からのお祝いの説法を聞く法話、お焼香などが特徴的な内容です。神前式の三三九度にあたる誓盃の儀もあります。

先祖代々のお墓がある菩提寺(ぼだいじ)や、ゆかりのある寺院で行うほか、自宅に僧侶を招いて家の仏前で挙式をすることも可能です。神前式と比べると式場やホテルで行える場所は限られています。

生涯に渡り何度でも訪れる神社やお寺

多くの人にとってお寺や神社は、初詣や厄除け、受験や安全の祈願、子供が産まれたときのお宮参りや七五三など、人生の節目において何度でも訪れる場所です。結婚式だけではなく生涯に渡り深く関わることができます。そして、商業施設とは違いなくなったりすることもないでしょう。

ずっと変わらずそこにあり、いつでも訪れることができる伝統と歴史がある神社やお寺は、格式高い結婚式にふさわしい魅力的な舞台です。

 

 

[TAKAMI BRIDAL 世界文化遺産で結ぶ 京都和婚]  http://www.takami-bridal.com/kjw/index.php

TAKAMI BRIDAL KYOTO

Open. 10:00〜19:00

Close.

火曜定休(祝日除く) 完全予約制

Address. 

〒600-8119 京都市下京区五条通河原町西

Tel. 

075-351-7722

Share
シェア
ツイート
+1

Page Top