room.40

date :
tags :
Dress

パリのお式が”秋”に集中する特別な理由

お国が変われば文化も変わる。もちろんブライダル事情も国によってさまざまです!特に、洗練された美的感覚と絶妙なセンスを持ち合わせたフランスのブライダルには、日本との違いがたくさん!式の演出やドレス選びなど、異文化の要素を取り入れると他にはない、印象に残るウェディングが叶うかもしれません。

結婚式シーズンといえば、ジューンブライドの6月ですよね。結婚適齢期だと、6月は毎週末結婚式に参加予定なんて人も少なくはず。“6月に結婚した花嫁は幸せになれる”というヨーロッパの言い伝えから、日本でもジューンブライドが主流になったようですが、実はパリの結婚式シーズンは9月なのです!

言い伝えの通り、古く昔はパリも6月が結婚式シーズンでした。花々が生い茂りちょうど満開の時期であることと、農作業の繁忙期に当たる3月〜5月は挙式が禁止だったため、6月に集中したという説があるようです。しかし時代は流れ、現在では9月に式を挙げるのが理想的とされています。

https://www.instagram.com/p/BU322lFhTHK/?taken-by=elenausachevawedding

なぜなら9月は暑くもなく寒くもなく、雨天が少なく気候に恵まれているから。さらに7月8月は夏のバカンスのため、家族水いらずで過ごす人が多く、ゲストにとってもバカンス明けの9月が適していると考えられているのが理由のようです。バカンス中に挙式の最後の調整を行うなど、挙げる側にとっても9月がスケジュールを組みやすいとのこと。

Ah, to be in love. Daydreaming of your wedding with your knight in shining armor, fantasies about an overpriced white dress, and joining together families to delight in celebration of your love. It's all so, so glorious until you find yourselves hissing at each other over whether or not you should have fine china on your registry, or if your extended family should get an invite to the rehearsal dinner. That's right- wedding planning brings out a nasty side of all of us that can threaten the relationship you're planning to bind forever. To calm the waters, keep in mind a couple of things: 1) Plan in advance who will be in charge of what tasks. Division of labor is a beautiful thing. 2) Decide what tasks you need to do together. Not every decision needs to be a huge conversation, but something personal like the ceremony should probably involve both sides. 3) If you don't have a strong opinion, don't voice it. Save your ammo for something you really care about.

A post shared by BRIDEGUIDE (@the_brideguide_app) on

日本だと6月は雨季にあたるため、他の時期を検討中の花嫁は、9月10月頃のヨーロッパでの海外挙式も候補に入れてみてはいかがでしょうか?澄んだ空気と晴れ渡る空が続くこの季節、ハネムーンも兼ねて式を挙げれば一生心に残るウェディングになるはずです!

[MOONSHELL]

https://wedding-collection.jp/#WED_LOC

 

 

◆EDITOR◆

ELIE INOUE|ファッションジャーナリスト 

Instagram

 

Share
シェア
ツイート
+1

Page Top